うつ病と腸の不調は1つの原因に起因 研究者らが明らかに

© Fotolia / Beeboysうつ病(アーカイブ写真)
うつ病(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
腸の不調、とりわけ便秘は、うつ病を患う人たちに頻繁に生じる。米国の研究者らは、この2つの状況が「幸福のホルモン」と呼ばれるセロトニンのレベルの低下によって同時に生じることがあると考えた。研究チームは、すでにある治療方法の実験に取り組んだが、この治療方法は2つの問題に影響を及ぼす可能性があると期待される。米コロンビア大学のサイトが発表した。

スプートニク日本

研究者らが実験に、突然変異によって脳と腸の神経細胞がセロトニンをつくることができなくなっている変異マウスを用いた。

疲れている女性(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
加齢スピードを速める原因はアレだった ミシガン大学の研究
実験では、腸内にセロトニンが不足すると、粘膜が悪化し、消化器官内の移動が遅くなることが判明した。

研究者らがセロトニンのレベルを増加させると、マウスの体調は改善した。

この相関関係から、セロトニンには2つの状況を同時に改善させる潜在的な可能性があることが明らかになった。この仮説については、研究チームが近い将来計画している臨床試験で検証される予定。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала