炎上ロシア機のブラックボックス解読が終了 データ分析進む

© AP Photo / @artempetrovich

 - Sputnik 日本
5月5日にモスクワのシェレメチェボ空港で炎上した旅客機「スホイ・スーパージェット100」のブラックボックスに記録されていたデータの解読が終了し、国家間航空委員会(IAC)が分析を進めている。

スプートニク日本

国家間航空委員会(IAC)の発表によると、委員会内の科学技術部ではブラックボックスのデータ解析が終了し、回収したデータの分析が進められている。調査委員会はロシア連邦の法律に従い、事故当時の状況をロシア連邦航空輸送庁に報告した。

「スホイ・スーパージェット100」 - Sputnik 日本
炎上ロシア機の乗員、手順違反していた

5月5日、モスクワ発ムルマンスク行きのアエロフロート航空の旅客機スホイ・スーパージェット100機は、シェレメチェボ国際空港を離陸後、28分で同空港へ戻って緊急着陸。その際のハードランディングでトラット式サスペンションが破損し、エンジンが炎上すると、尾翼に近い部分に引火し、機体は炎に包まれた。当時機内にいた乗員5名、乗客73名のうち41名が死亡する大惨事となった。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала