メガポリスにアルコールフリーのバー出現 その理由とは?

© 写真 : Michael Howe-Elyバー
バー - Sputnik 日本
お酒を置かないアルコールフリーのバーが、飲酒をしない人たちのナイトライフの中心として、ニューヨークやロンドンといったメガポリスに広がっている。BBCが報じた。 

スプートニク日本

こうした店のメニューにはスムジーやシロップベースのカクテルしかなく、アルコール飲料はノンアルコールビールすらない。それは、ノンアルコールビールといえども0.5%のアルコールが含まれているからだ。それ以外はすべて通常のバーと同じ。夜に開店し、照明は薄暗く、そしてパソコンを持ち込む人はいない。

日本食 - Sputnik 日本
顧客の生物学的特性に合わせて調理 日本のレストラン【動画】
英国でアルコールフリーのパーティーが始まったのは、まだ19世紀の終わり頃、プロテスタントの禁酒運動の時期だった。新しいタイプの店が19世紀のケースと違うのは、店主たちが飲酒を絶対に禁じようとしているわけではないということだ。

店主たちはまた、酒を飲めない人たち用のアルコールフリーのパーティの場として、こうしたバーを営んでいるわけでないと強調する。隣の店でテキーラを飲んだ人も、こうした店に立ち寄ることができる。

アトランティック(The Atlantic)』は、ミレニアム世代は際限のない飲酒に疲労感を覚えていると指摘している。ミレニアム世代の前の世代は、20代前半には、家族の世話をしたり、その他の義務を果たすことで、パーティーに参加する暇などなかったが、逆にミレニアム世代には自由な時間がたっぷりあり、飲酒も謳歌することができた。そうしたミレニアム世代の多くは今、30代となり、飲酒に疲れ、次第に酒を飲まない生活に移行しつつある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала