登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

マクレガー、対ヌルマゴメドフ戦で敗北認めた理由を説明

フォローする
米総合格闘技大会UFCの2階級の元王者、コナー・マクレガー(アイルランド)が、昨年秋のライト級タイトルマッチでハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)に自身が敗れたことについて、7カ月後の今、説明を行った。

スプートニク日本

2018年10月、ラスベガスでUFCのライト級タイトルマッチが行われ、ハビブ・ヌルマゴメドフはコナー・マクレガーと対戦し、王座防衛に成功した。

ハビブ・ヌルマゴメドフ - Sputnik 日本
UFC、アブダビでの大会開催を発表 ヌルマゴメドフ出場との報道も
ロシアの複数のスポーツメディアが「この決断は考え抜かれたものだった」とのマクレガーの言葉を引用している。「試合からの出口があるかどうか、それをいつ利用する必要があるか、自分には常に分かっている。後に再び試合の準備を整えるために、いつ生き続ける必要があるのか、自分には分かっている」とも述べている。

さらに、総合格闘技では知性を発揮する必要があると強調。「さもなければ、試合をするために翌日も生きているということができない。これこそ、自分の過去の試合で起きたことだ。あの試合は、自分にとって有利ではない形になった」と述べている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала