元研修生の女性ら、FBIを提訴「アカデミーで差別」 NYタイムズ紙報道

© AFP 2022 / Mandel NganFBI
FBI - Sputnik 日本
米バージニア州クアンティコにあるFBI(連邦捜査局)アカデミーで以前研修を受けていた女性ら16人が29日、研修当時に男性教官らによる差別にさらされていたとして、FBIを相手取り訴訟を起こした。ニューヨーク・タイムズ紙が伝えた。女性らによると、男性教官らは再三、わいせつな提案を行ったほか、汚い冗談を飛ばし、恒常的に嫌がらせをしていたという。

スプートニク日本

ある女性は、アフリカ式に編んだ髪型をしていた研修生の黒人女性に対して、男性教官が「スパゲティ頭」と呼んで侮辱したとしている。

原子力潜水艦「フロリダ」 - Sputnik 日本
米潜水艦、乗組員らが「レイプリスト」
原告側はまた、当時の訓練について、できるだけ多くの女性研修生を脱落させるような意図をもって行われていたと主張している。

同紙は既に昨年11月、女性12人がFBIを相手取り訴訟を起こしたと報道。ただ当時、問題とされたのはセクハラではなく、教官が女性研修生による誤りは許さない一方で、同じような場合に男性研修生に対しては大目に見ていたとされたことだった。

FBIは今回の提訴について、女性のアカデミー卒業生の数は毎年増加しているとし、FBIの全職員のうち44%は女性だと発表している。厳しい訓練に関しては、現実の状況に近い条件を作り出す必要性があるからだと説明している。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала