北朝鮮の米担当特別代表が処刑 失敗した米朝首脳会談で メディア報道

© AFP 2022 / John Macdougall北朝鮮(アーカイブ)
北朝鮮(アーカイブ) - Sputnik 日本
ベトナムのハノイで行われたトランプ米大統領との会談が失敗に終わった後、実務交渉を担当した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金革哲・国務委員会米国担当特別代表と北朝鮮外務省幹部4人が処刑されたことがわかった。ブルームバーグが韓国紙・朝鮮日報の報道をもとに伝えた。

スプートニク日本

ブルームバーグの報道によると、金英哲朝鮮労働党副委員長(統一戦線部長)が「強制労役と思想教育」を受けている。

時事通信によると、北朝鮮関係筋は「国営メディアでは、金革哲氏が処刑されたという報道はこれまでのところない」と語った。

UPDATE:先に、韓国の朝鮮日報紙が、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)がハノイでの米朝首脳会談の失敗の責任を追及し、金革哲国務委員会米国担当特別代表を処刑した模様と報じたことについて、韓国統一省報道部はスプートニクからの電話取材に答え、韓国政府は公式的には確認できていないことを明らかにした。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала