登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

リーガ公式アプリ、スペイン国内ファンを無断追跡

フォローする
スペインのデータ保護庁(AEPD)は11日までに、サッカーの同国1部リーグに対し、公式アプリにおける透明性が確保されていなかったとして罰金を科した。必要な通知を行わないまま、アプリが端末のマイクを起動させ、ユーザーの位置情報も監視できるようになっていたという。ロイター通信が伝えた。

スプートニク日本

罰金の総額は25万ユーロ(約3060万円)に上るという。

ロイター通信によると、公式アプリはサッカーの試合が行われている間、1分ごとに端末のマイクをひそかに起動させていたほか、違法に同リーグの試合が中継放送されているスポーツバーを洗い出す目的で、ユーザーの位置情報も利用していたという。

同リーグ側はこの技術について、実験的なものであるとした上で、昨シーズンの期間中にのみ使用されていたもので、来シーズンでは利用されないと発表。

一方、AEPDでは、このような情報を収集するためには、そのことについてアプリがユーザーに対し、そのインストール時だけではなく、問題となった技術の起動前に毎回通知しなければならないと説明。その理由として、ユーザーは自分が以前、何に対して同意したのかについて、実際には思い出すことができないからだとしている。

ロイター通信によると、同リーグの公式アプリは、全体では1千万回超ダウンロードされているという。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала