登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

エクアドル、米軍にガラパゴス諸島の空港使用を許可

フォローする
エクアドル政府は、同国ガラパゴス諸島にあるサンクリストバル空港を米軍が作戦のために使用することを許可した。テレビ局Telesurが、ハリン国防相の発言を引用して報じた。

スプートニク日本

ハリン氏によると、米軍用機は、エクアドルのモレノ政権が署名した「麻薬密売対策」のための「協力」協定に基づいてガラパゴスへのアクセスを得ることになる。

米国、「パトリオット」(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
世界第2規模の防衛企業が誕生か=米紙WSJ
2018年9月、米税関・国境警備局の哨戒機ロッキードP-3オリオンが、エクアドルから飛ぶようになった。そしてこの度、米空軍のボーイング707型機も、太平洋を「パトロール」することになる。

このような「協力」の技術的詳細にもかかわらず、エクアドル領内における外国軍のあらゆるプレゼンスは憲法に違反している。2008年憲法第5条によると、エクアドルはそれ自体が平和的な領土であり、そこに「外国の軍事基地あるいは軍事目的のための外国の施設をつくることは許されない。また国の軍事基地を外国の軍隊や治安部隊に移管することは禁じられている」。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала