登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

三沢基地F35A戦闘機 市長が飛行再開を容認へ

フォローする
航空自衛隊三沢基地(青森県)のF35A戦闘機が4月に墜落した事故で、青森県三沢市の小桧山吉紀市長は20日、現在停止しているF35Aの飛行について、防衛省に再開を容認する方針を伝える。NHKが報じた。

スプートニク日本

F35戦闘機 - Sputnik 日本
F35戦闘機の新たな欠陥が明らかに
防衛省は事故の後、三沢基地に配備されている12機の飛行を停止した。NHKによると、防衛省は、「地元の理解を求めた上で飛行再開の判断を行う」としており、小桧山市長は、市議会や基地周辺の町内会などから強い反発は出ていないことから飛行再開を容認する方針を固めたという。

NHKによると、市長は20日、防衛省の担当者と面会し、再開容認の方針を伝える。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала