登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

露外務省、米国がイランに対する攻撃を準備していたとの報道にコメント

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy / フォトバンクに移行リャプコフ外務次官
リャプコフ外務次官 - Sputnik 日本
フォローする
ロシアのリャプコフ外務次官は、米国がイランに対する攻撃を準備していたとの報道についてコメントし、イランを巡る状況は戦争の瀬戸際でバランスをとっていると言うことができると指摘した。

スプートニク日本

ニューヨー・タイムズ紙は米政府当局者の話として、トランプ大統領は米国の無人偵察機が撃墜された後、イランに対する軍事攻撃を承認したが、その後、作戦準備の停止を指示したと報じた。

イラン人専門家:「でっち上げられたニュースの報道は、米国の心理攻撃だ」 - Sputnik 日本
トランプ大統領がイランへの攻撃を承認か ニューヨーク・タイムズ
リャプコフ氏は記者団に「これに関連してこの数時間で実際に起こったことに評価を下すことはしないが、入ってくる情報によると、状況が極めて危険であることは完全に明らかだ。この状況は、戦争の瀬戸際でバランスをとっていると言いうことができる」と述べた。

イランの精鋭部隊「イスラム革命防衛隊」は20日、同国南部のペルシャ湾岸でイランの領空を侵犯した米国の無人偵察機を撃墜したと発表した。

その後、米中央軍は、ホルムズ海峡の公海上空でイランの地対空ミサイルが米海軍の無人機を撃墜したと発表した。

関連ニュース

トランプ氏、米がイラン攻撃するか「すぐわかるだろう」

米国、中東にパトリオット大隊など派遣へ

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала