登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ぶどうサイズのインプラントが毎日の注射に代わる

© Sputnik / Igor Zarembo  / フォトバンクに移行ぶどうサイズのインプラントが毎日の注射に代わる
ぶどうサイズのインプラントが毎日の注射に代わる - Sputnik 日本
フォローする
関節炎、糖尿病、心臓病などの慢性疾患のある患者は、薬を毎日服用しなければならない。だがまもなく、代替手段が登場する。米国の専門家によって開発された、医師が遠隔操作可能でスケジュールに従って必要な薬の分子を放出する小さなインプラントだ。Science Dailyが報じた。

スプートニク日本

1年間、間断なく機能するよう設計された新しいデバイスは、サイズがぶどうほどで、無線通信ベースで動作するバッテリーとマイクロチップで構成されている。インプラントに搭載した薬は、ナノチャネルシステムを通して体に入る。現時点でどの程度の用量の薬物が必要であるかに応じて、これらのチャネルに一定の電圧がかけられる。研究チームによると、インプラントは注射失敗の問題を解決し、睡眠中でも患者に薬を提供することを可能にする。

研究チームは新しいインプラントをテストし、関節リウマチと高血圧の治療薬を投与することに成功した。来年、研究チームは国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙環境でインプラントをテストして、インプラントの無線通信の範囲を調べる試験を計画している。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала