アルビノリスがナッツを死守

米ニューハンプシャー州に住む家族は、3年にわたりアルビノのリスに餌を与えている。突然リスにライバルが現れたが、リスは脅すようなダンスを披露してすぐに相手を退けた。

スプートニク日本

世話をする家族はリスをスノーフレーク(雪片)と名付けた。リスは毎日、落花生目当てに家族の元を訪れる。3年でリスは手懐けられ、手からナッツを受け取るようになった。映像ではスノーフレークの食事中、他のリスが登場。スノーフレークは脅すように走って尻尾を振り、相手を落花生から退けた。

アルビノのリスは他のアルビノの動物同様、非常に珍しい。アルビノの動物に運良く遭遇できる人もいて、カナダや中国ではアルビノのクマアルビノパンダが撮影された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала