スペースX、通信衛星3基との交信途絶える スターリンク計画

© AP Photo / John Raoux大型ロケット「ファルコンヘビー」
大型ロケット「ファルコンヘビー」 - Sputnik 日本
スペースXは、スターリンク計画で地球の軌道上に打ち上げた通信衛星60基のうち、3基との交信が途絶え、機能が停止したと発表した。サイト「ビジネス・インサイダー」が報じた。

スプートニク日本

これに加え、スペースXはさらに2基の衛星が「使用期間終了後のリサイクルプロセス模倣のため、軌道上から意図的に帰還」すると明らかにした

スターリンクは、地球に住む人々にブロードバンドインターネットアクセスを提供する次世代衛星網。スペースXは昨年2月22日、ファルコン9ロケットで、試験衛星2基、「ティンティンA」と「ティンティンB」を打ち上げて、計画を開始した。計画ではおよそ計1万2千基の通信衛星を打ち上げる予定だ。スペースXは計画の実現費用として100億ドルを見込んでいるが、専門家はさらにコストがかかると見ている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала