日本政府 5G時代の暗号確立目指す

© AFP 2022 / Josep Lago5Gネットワーク
5Gネットワーク - Sputnik 日本
日本の総務省は超高速で計算ができる量子コンピューターの実用化を見据えた暗号の新規格について検討を始めた。新たに立ち上げた非公開の有識者会議で協議し、2023年をめどに新規格を策定する。日本経済新聞が報じた。

プログラミスト - Sputnik 日本
EUに、軍事インターネット登場へ 世界初
次世代技術の中核とされる量子コンピューターを使えば現在使用されているパスワードは簡単に解かれ、大規模なサイバー攻撃につながる危険がある。

そこで有識者会議は年内に論点を整理し、2020年3月までに報告書をまとめる。新規格には政府が新たに導入する機器で使う暗号の安全基準を盛り込む。政府は推奨基準を策定し、民間企業の対応も促す。

自動運転などでは、サイバーセキュリティーがサービスの安全性に直結するため、次世代技術に備えた暗号の確立が急務となっている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала