ロシアの就労年齢女性の死因、第1は  ロシア保健省が発表

CC0 / Pixabay / 医者(アーカイブ写真)
医者(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
ロシアの就労可能年齢にある女性の4人に1人(23.8%)が悪性腫瘍で死亡していることが、ロシア保健省の発表で明らかにされた。同省の発表をロシア新聞が引用して報じた。 

次に多い死因は循環器系の病気によるもので、1位のがんに比べ、多少低い22.9%。3番目の死因は「外的要因」によるもので、19.2%。

アフリカ 人口増加で21世紀末には無人の荒野と化す - Sputnik 日本
アフリカ 人口増加で21世紀末には無人の荒野と化す
就労可能な年齢の女性の死亡率が一番低いのはイングーシ共和国、 ダゲスタン共和国,。チェチェン共和国.といった南部、カフカスの諸国。シベリア、極東のトゥヴァ共和国,、チュクチ自治管区やケメロヴォ州だった。

3月末、ロシア保健省が発表した国民の男性の死因で最も多いのはアルコールの乱用で、死者全体の70%を占めた。

2日、元ロシア保健相を務めたタチアナ・ゴリゴワ副首相は、2019年の最初の4か月で人口の自然減少は14万9千人となったと発表し、ロシアは危機的な速度で人口を逸していると警鐘を鳴らしている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала