葬式中に蘇って親戚を驚愕させた男性

インド・ウッタル・プラデーシュ州ラクナウで、死んだと思われていた男性が葬式中、突如動き出した。インドのNDTVが報じた。

フルカン・モハンマドさん(20)は6月21日、事故に遭って民間病院に搬送された。24日には死亡診断が下され、親族は遺体を引き取った。

葬式中、モハンマドさんの遺体を墓に納める準備をしていると、親族は遺体が動いていることに気づいた。モハンマドさんはすぐに違う病院に送られ、人工呼吸器に接続された。医師は、危篤状態だが脳は「間違いなく生きている」と診断を下した。「脈、血圧があり、反射が起こっている」と続けた。

モハンマドさんの兄、イルファンさんは、家族が民間病院で治療代として70万ルピー(約110万円)を支払ったが、「お金が尽きたと言った直後、彼らは弟が死んだと宣言した」と語った。民間病院の主任医師は、この件で内部調査を行うと約束した。

関連ニュース

シベリアの奇跡 凍死寸前の男性 24回の電気ショックで「蘇生」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала