競売の予想の1000倍の価格で絵画が落札【写真】

スイス・チューリッヒにあるオークションハウス「Schuler」で開かれた競売で、絵画「若者の肖像画」が落札予想価格の1000倍で落札された。Blickが報じた。

作者不明の作品として出品された絵画の落札予想価格は5000〜7000スイス・フラン(約54万〜76万円)だった。来場者2人の競りが白熱し、最終的にそのうち1人が作品を740万スイス・フラン(約8億円)で競り落とした。

​落札した人物は、絵画がサンドロ・ボッティチェリの工房で描かれた可能性があると見る。多くのアートディーラーもこの見解を支持しているという。 

競売前に行われたスイス美術大学の専門家による鑑定では、絵画はルネッサンスで本当に描かれたと結論付けられた。だが、修復が無数に試みられた過程で、絵画はオリジナルの要素がほとんど残らないほど多くの変更を経た。落札予想価格が低かったのはまさにこれが理由だ。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала