カムチャッカでクリュチェフスキー火山が活発化

© Sputnik / Ewgeniy Neskoromniyカムチャツカのクリュチェフスキイ火山
カムチャツカのクリュチェフスキイ火山   - Sputnik 日本
5日、カムチャッカ半島のクリュチェフスキー火山で火山活動が活発化していることが確認された。ロシア科学アカデミー極東支部・火山地震研究所が発表した。

クリュチェフスキー火山は、2016年春から火山活動の活発化が認められている。当初は火山の山頂付近が崩れおちたが、現在は崩壊部分に溶岩が溜まりつつある。

クリュチェフスカヤ火山は、ユーラシア大陸にある活火山の中で最高峰。2017年12月5日には、危険度が2番目に高いオレンジ色の航空コードが再び発表されている。

関連ニュース

大西洋の雪の積もった島で液体溶岩の湖が見つかる

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала