未知の活断層の評価見直し 原発

© AP Photo / Tomohiro Ohsumi/Pool原発
原発 - Sputnik 日本
日本の原子力規制委員会の専門家検討会は8日、原発の審査に使う新たな評価基準案をまとめた。正式採用の場合、想定される最大の揺れ(基準地震動)に対して原発の耐震性を再評価し、場合によっては対策強化の工事が必要になる。

地表に痕跡がない「未知の活断層」による地震動を考慮するため、これまでの記録から、未知の活断層を評価するためのモデルを作成した。

モデル作成には過去に起きた地震90弱の記録を用いた。

​関連ニュース

米国で福島原発事故のような事態も? 米原発の大半は気候変動を考慮していない

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала