はやぶさ2 リュウグウへ降下開始

日本の探査機「はやぶさ2」は世界初となる小惑星内部の岩石採取を目指して、日本時間で10日午前11時まえ小惑星「リュウグウ」にむけて降下を開始した。順調にいけば11日午前10時すぎ、小惑星表面につくった人工クレーターの近くに着陸する。NHKが報じた。

隕石 - Sputnik 日本
カムチャツカ沖上空で隕石爆発 昨年12月、広島原爆の10倍規模 誰も気づかず【写真】
探査機「はやぶさ2」について宇宙航空研究開発機構(JAXA)は機体や地上のアンテナなどに問題ないことが確認できたとして、10日午前10時まえに降下開始を判断し、「はやぶさ2」に指令を送った。

「はやぶさ2」は午前10時46分ごろ高度2万メートルから「リュウグウ」に向けて降下を始め、秒速40センチのスピードで高度を下げている。

今年4月には金属の塊を衝突させて表面に人工クレーターをつくり、今回はここから噴き出した小惑星内部の岩石を採取する世界初のミッションに挑む。

内部の岩石は放射線等の影響をあまり受けていないことから、太陽系が誕生したころの状態をよりとどめていると考えられており、生命の起源や太陽系誕生の謎の解明が期待されている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала