米国の元国務省女性職員 中国のスパイ行為との関係で懲役3年に

© Depositphotos / Teamtime米国の元国務省女性職員 中国のスパイ行為との関係で懲役3年に
米国の元国務省女性職員 中国のスパイ行為との関係で懲役3年に - Sputnik 日本
米国の元国務省女性職員キャンディス・マリー・クレイボルン氏(63)は、中国のスパイとの共謀と米国国務省の内部文書の提供を行ったかどで、禁固40ヶ月の刑を言い渡された。米国法務省が発表した。

クレイボルン受刑者は、釈放後も3年間監視下に置かれることとなる。また、中国のスパイとの積極的な接触と合衆国へ不利益を講じさせる目的で共謀したこと、さらに米国国務省の内部文書の提供の見返りとして中国スパイらから贈り物を受けたことに対し、罰金4万ドルの支払いが命じられた。

​ロイター通信によれば、クレイボルン受刑者は、北京と上海で国務省の行政管理の専門家として勤務していた。彼女の供述によれば、2007年にクレイボルン受刑者は、中国国家安全保障省のスパイであった2人の男性と接触をはじめた。クレイボルン受刑者は、「数万」ドルの現金や贈り物と引き換えに、米国機関の活動に関する情報を提供していた。

関連ニュース

米中関係は40年で最も難しい局面=中国外務省 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала