子守唄を歌い、日なたに長時間いるのを嫌う:クジラに関する8つの事実

日本が商業捕鯨を再開した後、捕鯨のあり方は世界で最も議論されるテーマの一つになった。環境学者や動物の権利を庇護する人々は警鐘を鳴らし、日本の決定を非難している。漁業関係者や日本の大半の住民は、「伝統的な」捕鯨に戻ることに賛意を示している。こういった議論を背景にスプートニクは、この驚くべき哺乳類、クジラの生態について、より詳しくご紹介する。

一部の環境学者は、商業捕鯨再開によって、クジラの個体数はむしろ守られると指摘している。というのは、商業捕鯨の方が、割り当て数が少ないのである。以前なら、調査捕鯨で年間900頭のクジラが捕られていたところ、商業捕鯨は日本近海で227頭のみに限られている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала