国際原油価格が上昇 メキシコ湾に嵐リスクで採掘量が減少が影響

国際原油価格は11日メキシコ湾で嵐の発生のリスクが高まったことから、採掘企業各社が操業を一時停止したことをうけ、値上がりしている。

日本時間13時44分の時点でブレント原油9月先物価格は0.59%高の1バレル66ドル91セントに、WTI原油8月先物価格も0.53%高の1バレル60ドル52セントの値を付けている。

ロイター通信によれば石油企業らはメキシコ湾での採掘量をこの地域の総採掘量の53%にあたる日量100万バレル以上削減している。10日、企業は15の生産プラットホームと4つの設備から職員を避難させた。 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала