登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

トランプ氏のイラン核合意離脱はオバマ氏への「嫌がらせ」前駐米英大使

© AFP 2021 / Saul Loebトランプ氏とオバマ氏
トランプ氏とオバマ氏 - Sputnik 日本
フォローする
キム・ダロック前駐米英大使は本国への公電で、トランプ米大統領がイラン核合意を離脱したのはオバマ前米大統領への「嫌がらせ」だとの認識を示していた。英紙デイリー・メールが報じた。

同紙によると、公電流出で10日に辞任したダロック氏は、公電で、オバマ政権時代に核合意に署名されたために、トランプ氏は「個人的な理由」で核合意から離脱したと指摘した。その上で、トランプ政権のこうした動きを「外交的破壊行為」だとしている。

デイリー・メールによると、ダロック氏がこうした見方を示した公電は昨年5月、当時のジョンソン英外相が離脱を止めるようトランプ氏の説得に失敗したあとに送られた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала