メイドインロシアの手作りぬいぐるみ、日本で人気沸騰の予感!かわいすぎる猫ちゃんの誕生秘話

© 写真 : ヴェルフロシアのぬいぐるみ
ロシアのぬいぐるみ - Sputnik 日本
ロシアのブランド「BUDI BASA(ブディーバーサ)」の手作りぬいぐるみが、日本で人気を呼んでいる。スコティッシュフォールドの男の子、バーシックくんと、バーシックくんのガールフレンド、リリちゃんだ。細部までこだわったハンドメイドのぬいぐるみたちは一体一体表情が異なり、つぶらな瞳で見つめられると、心が通じているような感覚を呼び起こしてくれる。

ブディーバーサは2013年から、デザイナーズブランドとしてぬいぐるみの生産を始めた。バーシックくんのモデルは、メインデザイナーの家で飼われている、バーシックくんそっくりの猫である。バーシックという名前は、ロシアにおける定番の猫の名前(日本で言うところの「タマ」に相当)「バルシック」を少しもじったネーミングになっている。

高品質のフェイクファーを使用し、手触りはまるで本物の猫のよう。よく見ると左右で目の大きさが違い、よりリアリティが出るように工夫が施されている。素材はアレルゲンフリー。創業開始から日が浅いにもかかわらず、クオリティの高さが評価され、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアなどでも販売されている。

ブディーバーサのデザイナーは、ぬいぐるみの服にもこだわり、オリジナルのコスチュームに身を包んだ猫たちを生み出している。これまでにはコートやセーターを着たスタンダードなものから、コックさんや寿司職人など遊び心のあるもの、ロシアの耳つき帽子「ウシャンカ」をかぶったものや宇宙飛行士など、様々なバージョンが作られてきた。しかも毎月新作が出てラインナップが変わっていくので、気に入ったものがあればすぐに手に入れるのがベストだ。

© 写真 : ヴェルフファッショナブルなバーシックくんとリリちゃん。2匹の赤ちゃん時代「ベイビー」シリーズもある
メイドインロシアの手作りぬいぐるみ、日本で人気沸騰の予感!かわいすぎる猫ちゃんの誕生秘話 - Sputnik 日本
ファッショナブルなバーシックくんとリリちゃん。2匹の赤ちゃん時代「ベイビー」シリーズもある

ブディーバーサのぬいぐるみは、首都モスクワから西に100キロほど離れたところにあるモジャイスクという町の工場で、ベテランの女性たちが心をこめて作っている。ぬいぐるみの型紙を作るところから、完成品を専用箱に入れてリボンをかけるまで、全て手作業だ。ソ連崩壊前後の物不足の時代には洋服や小物を自分で作らなければいけなかったため、今でも裁縫や編み物の得意な人がたくさんいるのだ。モジャイスク工場での作業の様子は以下の動画で見ることができる。

日本における独占販売権を所有しているのは、ロシア圏の商品の輸出入や販売を手がけている(株)ヴェルフだ。ヴェルフの代表取締役・佐伯亜希さんは、ロシアに留学した経験から、ロシアと関わるビジネスをしたいと思い、まずは商品輸入代行を始めた。すると、ブディーバーサのぬいぐるみが日本で公式販売される前から、日本にファンがいたことがわかったのである。

佐伯さん「商品の輸入代行をする過程で、日本のお客様から、ブディーバーサのぬいぐるみの注文が多かったので、それで初めて知りました。それまでは特にぬいぐるみに興味があったわけではないのですが、すごく可愛くて、一目ぼれしてしまいました。『これを絶対日本に広めたい』とインスピレーションを感じたのです。」

その後、ブディーバーサと契約。着実な販売実績が認められ、独占販売権を得た。当初はサイトを中心に販売していたが、実店舗での需要が増え、今では百貨店や商業施設の催事に、期間限定で出店している。自分用とプレゼント用は半々で、大人の女性が自分用に買って行く姿がよく見られる。どのぬいぐるみも微妙に表情が違うため、生きている動物を選ぶように、吟味に吟味を重ね、長い時間をかけて選ぶ人もいるという。

© 写真 : ヴェルフ百貨店の催事でバーシックくんを手に取るお客さんたち
メイドインロシアの手作りぬいぐるみ、日本で人気沸騰の予感!かわいすぎる猫ちゃんの誕生秘話 - Sputnik 日本
百貨店の催事でバーシックくんを手に取るお客さんたち

佐伯さん「バーシックくんを手に取る人は、必ずしも猫好きとは限りません。耳が垂れていて、猫らしすぎないところが逆に良いようで、幅広い層の方が購入してくれます。最初はお子さん向けメインになるのかなと思っていましたが、実際は、30代から50代の女性の方に人気です。ロシアのキャラクターは、チェブラーシカもそうですが、日本人の好みに合うようで、私のインスピレーションは間違いではなかったと思っています。」

ブディーバーサにはバーシックくんとリリちゃん以外にも、ウサギのミーや犬のヴァクソンなど、色々な仲間がいるが、売れ筋商品が国によって違うのが面白いところだ。例えばバルト三国では、エストニアとラトビアでは全ての動物がまんべんなく売れているが、リトアニアでは、あえて猫だけを販売している日本と同じように、猫人気が突出して高い。

© 写真 : ヴェルフところせましと並ぶバーシックくんとリリちゃん、どの子を選ぶか迷う!
メイドインロシアの手作りぬいぐるみ、日本で人気沸騰の予感!かわいすぎる猫ちゃんの誕生秘話 - Sputnik 日本
ところせましと並ぶバーシックくんとリリちゃん、どの子を選ぶか迷う!

佐伯さんは、これまでは関東での出店がメインだったが、今後は関西以南でも出店して、知名度を上げていきたいと話す。

佐伯さん「常設店舗の開店については、もちろん検討しています。もう少し知名度が上がれば、来年にでもお店を出したいですね。日本ではメイドインロシアの商品が珍しいため、ぬいぐるみがきっかけで、ロシアに行ってみたい、と興味をもってくれる方も多く、とても嬉しいです。今はぬいぐるみ販売が中心ですが、これからは飲食分野など活動の幅を広げ、日本とロシアの架け橋になれるような会社を目指して頑張ります。」

現在は、オンライン以外に、丸井錦糸町店(7月31日まで)と丸井有楽町店(7月21日まで)の1階イベントブースで期間限定販売中。また、7月26日から8月末まで、浅草ROX1階のイベントブースでも販売予定だ。今後の出店情報は公式サイトでチェックしよう。公式インスタグラムはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала