登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

韓国 「軍事情報包括保護協定」見直しをちらつかせ 日本を牽制

© Sputnik / Maria Plotnikova / フォトバンクに移行ソウル
ソウル - Sputnik 日本
フォローする
日本と韓国の対立はまずます激しさを増している。聯合ニュースの報道によれば、日本による韓国企業へのナノ素材の輸出規制撤廃が拒否されたことから、韓国政府は日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の見直しを検討する可能性を明らかにした。

韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は、「現段階では(合意)は維持されているものの、状況次第では見直しに付される可能性がある」との声明を表した。

河野太郎外相 - Sputnik 日本
日本 河野外相が韓国大使に抗議 「極めて無礼」【動画】
河野外相は、韓国の中央日報からの取材に応じた中で、日本としては状況の複雑化に関わらず、北朝鮮情勢といった問題の解決においては韓国との協力を続けていく姿勢を表していた。この書面取材による記事は、17日付けの中央日報に掲載されている。

軍事情報包括保護協定は、漏洩しないことを条件に機密情報の交換を規定しており、その対象には軍事技術、暗号情報、秘密情報活動によるデーターなどが入っている。同協定は対北朝鮮抑制政策における両国の相互関係強化を第一の狙いとして結ばれた。

関連記事

ロシアの東洋専門家「日韓経済戦争、現在の韓国政府では調整できる見込みなし」

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала