ボーイング社 半年で56億ドルの損失 737 Max問題

2019年第2四半期のボーイング社の収益が56億ドル減少した。その原因は、ボーイング737MAXの操業停止と顧客への納入の遅れによる。これらの航空機は、346人が犠牲となったインドネシアとエチオピアでの2回の事故後、運行が禁止された。ボーイング社は、事故の原因となったソフトウェアを改善し、当局に737MAXの飛行再開に向けた承認を求めている。

同様にボーイング社は、ボーイング737生産原価が17億ドル増加したと発表した。費用増加の主な原因は、「予想よりも長い生産効率の低下」にあるという。

2件の墜落事故と346人死亡

昨年10月29日、インドネシアの格安航空会社(LCC)ライオン航空の運用開始から間もない737MAXが離陸から12分後、ジャワ海に墜落した。189人が死亡した。

今年3月10日、エチオピア航空の同じく運用開始から間もない737MAXが離陸から6分後、時速700キロで地面に墜落。157人が死亡した。

関連ニュース

ボーイング737Maxの何が問題なのか?

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала