長崎に特別警報 「緊急に避難」=気象庁

気象庁の梶原靖司予報課長は午前11時から記者会見を開き、「特別警報を発表した市町村では、これまでに経験したことのないような大雨となっている」としたうえで、「直ちに命を守るために最善を尽くす必要がある警戒レベル5に相当する状況」と発言し、早急に避難する必要を訴えた。NHKが報じた。

梶原予報課長は続けて、「今後、ほかの市町村にも特別警報を発表する可能性がある。特別警報の発表を待つことなく、避難勧告などに直ちに従い、緊急に避難してほしい」と呼びかけた。

これまでのところ対馬市は午前9時10分、市内全域の1万5126世帯、3万562人に避難勧告を出したほか、新上五島町は町内全域の9807世帯、1万8990人に避難勧告を出している。さらに、小値賀町は六島地区を除く町内全域の1252世帯2398人に避難準備の情報を出している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала