10年前に失踪のスーパー従業員 遺体が職場で発見 米国

© Depositphotos / AntonpradoМигалка на полицейском автомобиле
Мигалка на полицейском автомобиле - Sputnik 日本
米アイオワ州のスーパー「ノー・フリル」の倉庫で、10年前に行方不明となっていた従業員の遺体を同社の社員が発見した。オクラホマズ・ニュース4が伝えた。

発見された遺体はスーパーに勤務していた、ホンジュラス出身のラリー・エリ・ムリーヨ・モンカダさん。モンカダさんが姿を消したのは2009年11月28日のこと。両親によると、モンカダさんは精神状態に悪影響を及ぼす薬を服用していたという。失踪の日、モンカダさんは意気消沈し、どこかに行ってしまったという。

当時、警察はモンカダさんの知人全員に聞き取り調査を行い、拘置所や移民管理センターにも照会を求めたものの、何の手がかりも掴むことはできなかった。

とても勇敢、それともただの愚か者? 女性旅行者が橋から全裸ダイブ ポルトガル - Sputnik 日本
とても勇敢、それともただの愚か者? 女性旅行者が橋から全裸ダイブ ポルトガル
捜査官の推測としては、モンカダさんはその日職場に向かった。倉庫には腰かけるのにちょうどいい低温貯蔵庫が数多くあり、モンカダさんはよく、隠れて休憩をとっていた。

モンカダさんはおそらく一人になろうとして、腰を下ろしたところ、偶然にも壁と低温貯蔵庫の隙間に落ちた。自力で這いあがることはできず、助けを求めて叫ぶも、機械の音にかき消されてしまったものと思われる。

従業員が設備を移動するまでのほぼ10年間、モンカダさんの遺体は低温貯蔵庫の裏に横たわっていたことになる。モンカダさんの身元は衣服と、その後のDNA鑑定で確認され、事件は長い間失踪事件とされてきたこの件は事故死と判断された。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала