東電社長、福島第2原発廃炉の方針を福島県知事に伝える

© AP Photo / Pablo M. Diez/Pool福島第2原発
福島第2原発 - Sputnik 日本
東京電力の小早川社長は24日、福島第2原発の4基すべてを廃炉とする方針を福島県知事に伝えた。日本のマスコミが報じた。

共同通信によると、小早川社長は福島県庁で内堀知事と面会し、「福島第2原発全4基の廃炉を正式に表明し、同原発の使用済み核燃料の貯蔵施設を敷地内に新設する方針」を伝えた。内堀知事は「重く受け止めている。県内原発の全基廃炉実現に向けての大切な一歩だ」と述べた。また知事は貯蔵施設の新設計画については、協議して回答するとの考えを示したという。

東京電力は、31日に予定する取締役会で廃炉を正式に決定する方針。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала