性差別:モスクワ地下鉄の新たなアナウンスに利用者たちが憤慨

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行性差別:モスクワ地下鉄の新たなアナウンスに利用者たちが憤慨
性差別:モスクワ地下鉄の新たなアナウンスに利用者たちが憤慨 - Sputnik 日本
モスクワの地下鉄で、高齢者、体の不自由な人、子供連れ、女性の利用客に席を譲るよう求める新たなアナウンスが始まった。

地下鉄利用客は、新たなアナウンスに「女性」が含まれたことについて、男性の利益よりも女性の利益に明らかに重きが置かれたとして憤りを表している。

また女性が体の不自由な人や高齢者と同列に置かれたことは、女性の劣性や男性の意志への依存を示しているとの見方もある。

メトロ、アジア人(アーカイブ) - Sputnik 日本
妊婦と席を譲りたい乗客をマッチングするチャットサービス 東京の地下鉄で実験開始
新たなアナウンスは、性差別や差別の現れだと指摘され、あらゆる女性ではなく、妊婦にのみ言及された古いバージョンのアナウンスに戻すよう求める声が上がった。

署名サイトchange.orgでは、これに関する請願書が作成され、すでに1100人が署名した。

これまでにもモスクワの地下鉄では、市民に席を譲る習慣をつけるためにさまざまな取り組みが提案されてきた。2018年には、妊婦のためのマタニティマークの配布が開始された。

「席を譲るかどうか」は、世界中で深刻な問題となっている。一方、英国の学者たちは、たとえ対象が高齢者であっても席を譲るのは控えた方がいいとの考えを示しており、その理由について非常に論理的な説明をしている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала