宇宙空間で太陽帆を展開 宇宙船ライトセイル2号

© AFP 2022 / Josh Spradling/The Planetary Society宇宙空間で太陽帆を展開 宇宙船ライトセイル2号
宇宙空間で太陽帆を展開 宇宙船ライトセイル2号 - Sputnik 日本
米国惑星協会によれば、6月25日に軌道に乗った宇宙船ライトセイル2号は、7月23日に太陽帆を展開することに成功。ライトセイル1号に続いて、「太陽風」で可動する2機目の宇宙船となった。

ライトセイル2号の太陽帆は、4つの三角形の帆からなり、全体が32平方メートルの正方形に展開するよう作られている。同機は、風の力を利用してヨットが海上を進むように、太陽から発せられる光子のパルスを利用する。太陽帆の面積が大きいほど、光子の流れを与えることができる同機へのパルスも大きくなる。実験の過程では、太陽帆がライトセイル2号の軌道をさらに上昇させることが可能か検証が予定されている。

​もし宇宙でこの実験が成功した場合、太陽帆で利用される簡易で安価な技術は広く普及されることとなる。動力を作り出す太陽光が不足する区域が、唯一の技術的制限となる。確かに太陽帆は遠距離飛行のための十分な動力を持っていない。しかし、研究者らは、従来のジェットエンジンに加えて太陽帆を利用することや、加速を加えるために軌道から帆にレーザーを照射することを提案している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала