休暇後に職場に戻る最適なタイミングが明らかに

週の中頃に休暇から戻ることがいちばんだ。これは、週末までの就業日数を減らすために必要だ。モスクワ市民心理援助サービスのエレーナ・クラソフスカヤ氏がこうした見方を示した。

クラソフスカヤ氏は「職場に戻る前に、自宅で2、3日過ごし、自分を取り戻し、いつもの環境で過ごすことをお勧めします。休暇を終えてからの数日間には、あまり重くないプログラムを用意するのが良いでしょう。例えば、重要な仕事を1、2個と、それほど重要ではないルーチンワークです」と説明した。

ロシアで新種ツーリズムが流行 - Sputnik 日本
ロシアで新種ツーリズムが流行
クラソフスカヤ氏はまた、職場に戻った後、休暇の感想を同僚と共有することを忘れない一方で、同時に「彼らの注目を乱用しない」よう推奨した。

休暇を1年の主要イベントに位置づけると、失望につながるおそれがあるため、それは控えるべきだ。クラソフスカヤ氏は「新しい場所に行く場合は特に、完璧な絵を描いてはいけません。予想外の事態に備えて、すべてを予見しようとしないでください。すべてが必ずしも完全に円滑に進むわけではなく、これは正常なことです」と述べた。

さらに、クラソフスカヤ氏は、休暇は急速と体力回復に向けるべきだとして、休暇中は計画を一切立てないよう勧めている。

仕事やその他の事柄から完全に解放されない場合は、休暇を延期するか、コンセプトを修正する必要がある。

健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала