「私はロシアファン」 日本開催ラグビーワールドカップ 英国から自動車で観戦へ

© Sputnik / Eugene Odinokov / フォトバンクに移行「私はロシアファン」 日本開催ラグビーワールドカップ 英国から自動車で観戦へ
「私はロシアファン」 日本開催ラグビーワールドカップ 英国から自動車で観戦へ - Sputnik 日本
日本開催のラグビーワールドカップに英国から製造82年の自動車で観戦に行くというアイデアは、無鉄砲に思えるかもしれない。しかし、この計画を考えた英国人はそうは思わない。すでにサンクトペテルブルグとトヴェリを越え、7月26日に彼はモスクワに到着した。モスクワでは、地元メディアからロシアの印象やロシアと日本のラグビーの初戦についての予想を質問された。

英国のクリストファー・ブレイク氏は、妻と息子と共にクラシックカー「オースチン・セブン」で旅を続けている。1939年製の車は現在ロシア国旗の色で飾られている。

朝食 - Sputnik 日本
祝ラグビー世界選手権 モスクワのレストランが参加国にちなんだ朝食メニュー開始
ブレイク氏は、「母国では、ロシアの厳しい道路状況や予測不能な気候条件で脅かされ、この旅行を私たちが思いとどまるよう説得された。いくつか問題があったが、それは道路によるものではなく、すこし無礼なトラックの運転手によるものだったといえる。しかし、そのことからこの旅がいっそう面白いとさえ感じるようになった。サンクトペテルブルグからモスクワにかけた有料道路はとても素晴らしく、英国にはこんな道はない。そしてモスクワ自体がとても美しい。街はロンドンよりも綺麗だ」と語った。

クリストファー自身、英国のラグビーチームのトレーナーを務めており、彼の息子たちはプロ選手として活躍している。

​また、クリストファー・ブレイク氏は、「2019年ラグビーワールドカップの開会に間に合うことを願っている。9月20日のロシアと日本の試合を観戦しなければいけない。どちらのファンかといえばもちろんロシアだ。それでもチームは完璧な準備が必要だ」と述べた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала