クジラの孤児を我が子同様に育てた母イルカ【動画】

© AFP 2022 / Toshifumi Kitamuraクジラの孤児を我が子同様に育てた母イルカ
クジラの孤児を我が子同様に育てた母イルカ - Sputnik 日本
野生のハンドウイルカの母親がカズハゴンドウのクジラの子どもを育てるという稀有な例が仏領ポリネシア沿岸海域で観測された。6月25日付けの学術誌「Ethology」オンライン版が発表した。

ハンドウイルカの母親が自身の子どもとともにクジラの子どもを育てる様子が見つかったのは、2014年。研究発表したポリネシア海洋哺乳類研究会(GEMM)のパメラ・カーゾン氏も発見に興奮したという。

海の「渋滞」 約100頭のイルカがボートを取り囲む 米国 - Sputnik 日本
海の「渋滞」 約100頭のイルカがボートを取り囲む 米国
野生動物が違う種の子どもを世話する例は極めて稀。母イルカは出産を終え、授乳期にあった。そこにクジラの子どもが近づき、親子のような関係を結ぶようになった。

クジラの子どもは3年くらいを「母親」のそばで過ごし、親離れしていった。この間、イルカのこどもと母親をとりあったり、ほかのイルカのこどもたちと群れて遊んだりと、イルカと変わらない行動をとっていた。

​イルカの行動は太古から人間を驚かせ、驚嘆を呼んできた。孤児をひきとり、母乳まで与え、わが子同様に可愛がった母イルカは今までに例がない。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала