埼玉の70代女性 エボラの疑いで検査

© AP Photo / Frederick Murphyエボラ出血熱
エボラ出血熱 - Sputnik 日本
厚生労働省はコンゴ民主共和国から帰国した埼玉県内の70代女性が発熱の症状を訴え、エボラ出血熱感染の疑いがあるとして、国立感染症研究所村山庁舎で血液を検査していると発表した。

日本の厚生労働省によると、女性は仕事で8カ月前からコンゴ民主共和国に滞在し、7月31日に帰国した。検疫所で一日に2回の検温を行っていたところ、8月3日未明から38度以上の発熱が見られた。

こうした事態を受け政府は、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置したと発表した。安倍晋三首相は、女性の治療や検疫の着実な実施などを指示した。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала