安倍政権は真実の歪曲をやめる必要がある=韓国外務省

© AFP 2022 / Kazuhiro Nogi会談なければ問題なし? なぜ日韓首脳会談は必要か
会談なければ問題なし? なぜ日韓首脳会談は必要か - Sputnik 日本
韓国外務省の第一次官は、日本の安倍政権は真実の歪曲をやめる必要があると考えている。通信社スプートニクが入手した声明の中で述べられている。

安倍首相は6日の記者会見で、日韓関係について「日韓請求権協定に違反する行為を韓国が一方的に行い、国際条約を破っている」と述べた。日韓請求権協定とは、1965年に結ばれた「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」

日韓経済戦争 - Sputnik 日本
産業の日本への依存度を下げるため韓国が6800億円拠出へ
韓国外務省は安倍首相の発言について、「これは日本が現在行っている不当な経済措置が輸出管理の問題ではなく、過去の問題に基づく経済報復であることを物語っている」と考えている。

これを受けて韓国外務省は安倍政権に対し、「歴史を否定し、人権を無視し、自由貿易体制を破壊する利己的な立場をとることを放棄」するよう求めた。

関連ニュース

韓国 日本企業4社に8億円の課徴金

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала