米国研究者 コーヒーの最も有名な伝説を覆す

CC0 / Pixabay / 米国研究者 コーヒーの最も有名な伝説を覆す
米国研究者 コーヒーの最も有名な伝説を覆す - Sputnik 日本
アメリカの研究者らが、アルコール、カフェイン、ニコチンが睡眠に与える影響について研究調査を行った。結果は学術誌Sleepに掲載された。

研究者らは、就寝4時間前にコーヒーや茶を飲んでも人体に悪影響はないと結論付けた。ただしニコチンは不眠リスクを高めるという。

調査には785名が参加。5,000日以上に亘って785名の健康状態の観察が行われた。参加者は毎日、摂取したカフェイン飲料やアルコール飲料、また就寝前に喫煙したタバコの数を記録した。

ただし研修者らは、この調査では、睡眠の質に影響を与える個々の特性については考慮していないと指摘している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала