4~6月GDP 年率+1.8% 3期連続のプラス=内閣府

ことし4月から6月までの国内総生産(GDP)は、10連休の効果で個人消費が増えたため、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてプラス0.4%、年率に換算してプラス1.8%となった。プラス成長は3期連続。NHKが報じた。

日韓関係 - Sputnik 日本
韓国の日本製品輸入が大幅に縮小 不買運動の影響
日本の内閣府が9日に発表した4月から6月までのGDPは、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてプラス0.4%を記録した。この状態が1年間続いた場合の「年率」に換算するとプラス1.8%で、3期連続のプラス成長となった。

主な項目では、GDPの大半を占める「個人消費」は10連休の効果でレジャーの支出が増えたほか、自動車や家電の購入が増加したため、プラス0.6%となった。

また、企業の「設備投資」も建設業や製造業の分野で投資が活発に行われたため、プラス1.5%を記録した。

その一方、「輸出」は、米中貿易摩擦を背景に中国向けや欧州向けが低迷し、マイナス0.1%と落ち込んだ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала