アルタイ共和国で新種のコモリグモ発見

© 写真 : Katun Nature Reserveアルタイ共和国で新種のコモリグモ発見
アルタイ共和国で新種のコモリグモ発見 - Sputnik 日本
マルタイ共和国のウスチ=コクサ地区にある国立カトゥン生物圏保護区で動物学者らが新種のコモリグモを発見した。

シロアリ - Sputnik 日本
アリや蝶、食べてみる?昆虫食を始めるべき理由を科学者が説明
研究者らによれば、新種のコモリグモは学術探検の際に発見されたもので、コモリグモ科Acantholycosaに属する。

コモリグモ科の個体は南極大陸以外の世界各地に分布し、体長は通常3センチ未満。

学術探検に参加した研究者らは、人間に遭遇した瞬間、このクモは逃げようとし、石の陰に姿を隠そうとしたと述べた。しかし、生物学者らはこの新種のクモの撮影に成功、今後の研究のために数匹捕獲することができた。


先に伝えられたところによると、オーストラリアで新種のハエトリグモが発見された。このクモは、 外見の派手さから生物学者らにファッションデザイナーのカール・ ラガーフェルド氏を連想された。

記事はお気に召したでしょうか。動物たちの世界から届いたニュースがさらにたくさん見つかるスプートニクの特集にぜひお立ち寄りください!

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала