日本の墓参団が南クリル諸島を訪問

© Sputnik / Andrey Shapran / フォトバンクに移行クナシル島
クナシル島 - Sputnik 日本
日本の墓参団が10日(土)南クリル諸島(いわゆる“北方領土”)に出発した。今回のビザなし渡航はチャーター便を利用して行われ、約70名が参加。中標津空港(北海道)からユジノクリリスク市(日本名:古釜布)のメンデレエフ空港に向けて飛び立った。

同空港着陸後、手続きを済ませた団員と日本外務省同行者らは、クナシル島(日本名:国後島)とイトゥルップ島(同:択捉島)に別れ、先祖の墓参りを行う。

ロシア南クリル諸島住民と日本国民のビザなし交流は1992年に開始。政府間合意に基づき、両国民の関係強化や平和問題締結問題の解決を目的に始まった。この枠組みで行われる双方の渡航はビザなしで、身分証明書のみを用いる。

関連ニュース

丸山議員の「戦争発言」で、日本側が謝罪

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала