米国専門家 ロシアが開発中の爆撃機「第6世代」を評価

CC BY 4.0 / Ministry of Defence of the Russian Federation / (cropped image)PAK DA
PAK DA - Sputnik 日本
軍事専門家で歴史家のマーク・エピスコポス氏は、「基本的に新しい」ロシアの第6世代爆撃機PAK DAを評価した。同機は現在、公共株式会社ツプレフが開発を進めている。

米『ナショナル・インタレスト』誌によれば、ロシアの現在の戦略爆撃機は旧ソ連のプロジェクトに基づいており、同時に「PAK DA」は最新のソリューションを基礎とした爆撃機となる。同誌は特に、「PAK DA」は特殊なステレス機能や最新の操縦システム、広範な軍事能力を備えているという。

Стратегический бомбардировщик ТУ-160 в цехе Казанского авиазавода - Sputnik 日本
最新ロシア爆撃機がステルスモードを搭載へ
『ナショナル・インタレスト』誌は、現在、この爆撃機の詳細な特徴は明らかではないが、しかし、「PAK DA」の飛行距離は1万2千キロメートルに達し、その際、積載量は30トンになるという。

また、同爆撃機は、射程距離が7千キロメートルに達する「スマート」ミサイルを搭載することとなる。

「PAK DAの並外れて優れた点」は、この爆撃機がどれほど軍備としての配置が近いかということにある。マーク・エピスコポス氏は、初のプロトタイプは2021年から2022年が予想され、テスト飛行は2025年から2026年に予定されている。また、シリーズ供給は2028年から2029年に開始されると指摘している。

『ナショナル・インタレスト』誌によれば、PAK DAはTu-160とTu-22Mモデルの代替が求められているのではない。これらは新しい軍備とアビオニクスを装備して従事する。同誌によれば、その代わりにPAK DAは核紛争での軍事行動を目的とし、空爆のニッチを占めることになる。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала