日韓軍事情報協定 日本側は延長に期待 菅長官

© AFP 2022 / Toru Yamanaka日本の菅官房長官(アーカイブ写真)
日本の菅官房長官(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
日本の菅官房長官は22日の記者会見で、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA、ジーソミア)について「連携すべき課題は連携していくことが重要だ」と協定延長を望む日本政府の姿勢を明らかにした。

GSOMIAは2日後の24日に更新期限を迎える。韓国政府も22日中に延長の是非を発表するものとみられている。

GSOMIAは、朝鮮半島の有事に備え日韓両国が防衛機密の共有を可能にする枠組みで、米国の情報も共有している。

先のロイター通信の報道では、韓国は8月初めの段階では、日本がホワイト国のリストから韓国を除外する閣議決定をしたことへの対抗策としてGSOMIAの破棄を検討する可能性を視野に入れており、2日にバンコクで開催の日米韓3カ国の外相会談でもそうした見解が示されていた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала