新幹線 時速280キロ走行中にドア開く

21日、JR東日本の新幹線はやぶさ46号で仙台駅を発車した後、時速280キロで走行中にドアが開くトラブルが発生した。幸い、これによる転落、けがなどの被害はでなかった。

ドアが開いたのは仙台駅を出発してから10分後。列車はドアが開いた後、確認のためにトンネル内で緊急停止するまでの40秒間、およそ4キロを走行している。

トラブルの原因は車両の清掃を行う作業員のミス。作業員が清掃後、ドアの開閉装置を手動から自動へ切り替えるのを忘れたため、風圧などにより開いたものと考えられている。

関連ニュース

次世代新幹線「ALFA-X」がお披露目 時速360km! 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала