カムチャッカ半島 カリムスキー火山が2日で3度目の噴煙柱

© Sputnik / Lev Garkaviyカムチャッカ半島 カリムスキー火山が2日で3度目の噴煙柱
カムチャッカ半島 カリムスキー火山が2日で3度目の噴煙柱 - Sputnik 日本
カムチャッカ半島のカリムスキー火山が2日間で3度目となる噴煙柱を噴き上げた。噴煙柱は海抜2500メートルの高さまで達し、火山灰は南西に490キロ離れた地点まで広がっている。火山活動の観測グループ「KVERT」が発表した。

カリムスキー火山はこの2日間でそれぞれ海抜2500メートル、6千メートルの高さのと2度の噴煙柱を噴き上げている。

カリムスキーはカムチャッカ半島の東岸にある高さ1486メートルの火山。カムチャッカ地方の行政の中心地のペトロパブロフスク・カムチャツキーから115キロの位置する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала