貿易摩擦は悪影響 中国進出の米企業8割が回答=ロイター

© AP Photo / Andy Wong米中の国旗
米中の国旗 - Sputnik 日本
中国に進出する米企業の81%が激化する米中貿易摩擦の悪影響を受けていると考えていることが、米中ビジネス評議会(USCBC)が29日に公表した調査(調査は6月に実施)で明らかになった。ロイター通信が報じた。

トランプ米大統領と習近平国家主席 - Sputnik 日本
ナイキ、アディタスなど200社超の靴メーカーがトランプ氏に中国製品への関税導入停止を要請 
今回の調査では、前年の調査で示された水準から8%ポイント上昇し、貿易を巡る米中の対立が米企業の業績に影を落としていることが浮き彫りとなった。

USCBCは中国で活動する220強の米企業で構成される。今回の調査では、約半数の企業が中国での売上高減や市場シェア縮小を報告した。関税が主な原因だが、政府の後ろ盾のある地元企業との競争や投資などを巡る障壁への懸念も示された。

また、米中対立が高まる中、米企業に対する信頼感が低下していることも指摘された。米企業との取引を巡る中国企業の懸念が売上高減を引き起こしたとの回答は約40%に上った。


トランプ大統領は8月23日、中国がこの日発表した対米追加関税への対抗措置として、中国からの輸入品に対する関税引き上げを明らかにした。

トランプ大統領は、米金融市場の通常取引終了後のツイートで、既に発動している2500億ドル(約26兆3000億円)相当の輸入品への25%の関税について、税率を10月1日から30%に引き上げると発表。また、9月1日と12月15日の2回に分けて発動を予定している残りの3000億ドル相当に対する関税率を従来発表の10%から15%に変更すると明らかにした。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала