登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

プーチン大統領側近 北村局長と初会談

© Sputnik / Sergey Guneevロシアのパトルシェフ安全保障会議書記
ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記 - Sputnik 日本
フォローする
ロシアのパトルシェフ安全保障会議書記は来週、日本を訪れ、国家安全保障局の北村滋氏と初めて会談する方向で調整が進んでいる。ロシアは、日本が米国の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を導入することに改めて懸念を示し、日本側の対応を確認する。

巡航ミサイルの実験 - Sputnik 日本
米国防総省、INF全廃条約で禁止の巡航ミサイルを実験 動画公開
中距離核ミサイルの全廃条約(INF)の失効を受けて、米国がアジアに地上発射型の中距離ミサイルを配備する意向を示す中、ロシアは、日本が「イージス・アショア」を米国から導入することに懸念を強めている。

日本は2023年までに「イージス・アショア」を秋田と山口に配備する方向で調整を進めている。「イージス・アショア」の設置費用は1基あたり1252億円。配備期間は30年を予定しており、維持費を合わせると導入費は4492億円に達すると見込まれている。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала