専門家らが脳腫瘍の主要な兆候を指摘

ロシア臨床腫瘍学会の専門家であるグリゴリー・コビャコフ氏は、テレビチャンネル「RT」のインタビューに応え、脳腫瘍の進行の主要な兆候について語った。コビャコフ氏によれば、悪性脳腫瘍は、しばしば吐き気や嘔吐をともなう頭痛を引き起こし、意識障害や覚醒レベルの低下を生じさせる。

また、同氏によれば、半身の手と足の運動異常や記憶や言語の障害、視野の狭窄などといった神経学的な異常が見受けられるという。そのほかにも、脳腫瘍の最初の兆候の1つとして、てんかんの発作が生じる。

トマト - Sputnik 日本
心臓専門医が語る トマトは健康に危険
コビャコフ氏は、ロシアでは脳腫瘍の初期の罹患レベルは、1万人に対し23症例、または年間に約3万4千人がはじめて発症すると指摘。その際、悪性腫瘍は30%ちょっと、または年間の新しい症例として9500ケースから最大1万500ケースとなっている。

コビャコフ氏は、脳腫瘍でもっとも問題なのは膠芽腫で、この腫瘍は悪性レベルがすぐに第4グレードまで進行してしまうと強調する。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。


関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала