登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

福島第1原発事故 東電旧経営陣3人に無罪

© AFP 2021 / Kazuhiro Nogi勝俣恒久元会長
勝俣恒久元会長 - Sputnik 日本
フォローする
2011年の福島第1原子力発電所事故をめぐり、東京電力旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴された裁判で、東京地裁は19日、勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の旧経営陣3人に無罪を言い渡した。1986年のチェルノブイリ原発事故に次ぐ、世界で2番目に重大な原子力災害となった福島第1原発事故に関する初の刑事裁判。日本のマスコミが報じた。

NHKによると、3人は、津波を予測できたのに適切な措置を取らず、原発事故で避難を余儀なくされた入院患者など44人を死亡させたとして業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴され、無罪を主張していた。

検察官役の指定弁護士側は、3人に禁錮5年を求刑していた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала