登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア国防省、ニューヨーク・タイムズ紙が報じたロシア軍によるシリアの病院攻撃について反論

© Sputnik / Press-service of the Ministry of Defence of the Russian Federationイーゴリ・コナシェンコフ報道官
イーゴリ・コナシェンコフ報道官 - Sputnik 日本
フォローする
ロシア国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、ロシア航空宇宙軍がシリアにおいて病院を攻撃したとするニューヨーク・タイムズ紙の報道に反論した。コナシェンコフ報道官は、ロシア国防省は「真の新聞社が、テロリストと英国情報機関による情報操作の犠牲となったことは遺憾である」と表明した。

コナシェンコフ報道官は、ニューヨーク・タイムズ紙が報じているところの「攻撃された病院」というのは、守備力の高い、洞窟の中に位置するテロリストの地下壕であると強調。彼の弁によると、一週間前に、様々なメディアの80人以上のジャーナリストが、この地域を訪れた。

そしてコナシェンコフ報道官は、「それであるから、ニューヨーク・タイムズ紙によって示されたところの『証拠』とかいうものは、それらが印刷されている紙にも値しないものだ」と、記事についてコメントした。

ラッカ - Sputnik 日本
米有志連合の空爆でラッカの数千人死亡=露国防省
「ジャーナリストたちは、このような洞窟の中に実際に何があるのか、もっと正確に言えば、守備力の高いテロリストの地下壕に何があるのかを自分の目で見た。西側諸国で製造されたものを含む非常にたくさんの武器や弾薬、留置所、戦車を隠す穴、ガスマスク、食料品や衛生用品などだ。不思議な一致だが、今回のニューヨーク・タイムズの記事は、シリア・イドリブにおけるテロリストの洞窟の実際の使命に関する暴露記事が、西側のグローバルメディアで報じられてから、すぐに出たものだ。」

コナシェンコフ報道官はまた、ニューヨーク・タイムズ紙が、病院を攻撃した後のロシア軍のパイロットの声だとされる録音を記事中で参照していることをふまえ、標的の調整役は、パイロットに、オープンな無線空間で声によって指示を伝えることはないと強調した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала